サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ビニャーレス、表彰台レベルの速さがあった? 「予選が良ければトップ3に入ることが可能だった」

ここから本文です

 MotoGP2021年シーズン後半にヤマハを離脱し、アプリリアに加入したマーベリック・ビニャーレス。彼は新天地での3レース目となったエミリア・ロマーニャGPでは、表彰台を争えるペースがあったと考えている。

 ビニャーレスは第13戦アラゴンGPでアプリリアからレースデビュー。従兄弟の事故死もありアメリカズGPは欠場したが、第16戦エミリア・ロマーニャGPからレースへ復帰した。

■FIM、若手ライダーの事故死多発を受け参戦可能年齢を引き上げ。Moto2&Moto3は18歳以上に

 今回、ビニャーレスは予選で19番手と後方からのスタートだったが、決勝レースでは着実にポジションを上げていき、最終的にチームメイトのアレイシ・エスパルガロに次ぐ8位でフィニッシュした。

おすすめのニュース

サイトトップへ