サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WSBK】ジョナサン・レイ、6年ぶりゼッケン65番は「サッパリとした気分」2022年に”1番”奪還を目指す

ここから本文です

 スーパーバイク世界選手権(WSBK)の2021年シーズンは、11月19~21日に行なわれたインドネシア戦で閉幕。ヤマハのトプラク・ラズガットリオグルがレース1終了時点で初タイトル獲得を決めた。

 2015年以来、無敵のチャンピオンとして君臨してきたジョナサン・レイ(カワサキ)は、前人未到の連覇記録を”7”に伸ばすことはできなかったが、レース1とレース2を共に勝利。王者らしい走りでシーズンを締めくくった。

■ジョナサン・レイ、WSBK王座陥落も「悔いはない」新王者ラズガットリオグルを称賛

 レイは王座を明け渡したことで、来シーズンはゼッケンナンバー1番を使用できなくなり、2015年以来となるパーソナルナンバーの65番を使用することになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン