サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリのルクレールがQ2落ち「上位とのタイム差に愕然」クビアトへの妨害で3グリッド降格も【F1第2戦予選】

ここから本文です

 2020年F1シュタイアーマルクGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは11番手だった。

 ウエットコンディションの予選で、ルクレールはQ1で1分20秒871、Q2で1分19秒628のタイムをマーク、Q3に進出することはできなかった。Q2でルイス・ハミルトンが記録したトップタイムとの差は1.803秒だった。

【動画】F1第2戦シュタイアーマルクGP予選ハイライト

 さらにルクレールは、予選Q2においてアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトの妨害をしたと判断され、3グリッド降格のペナルティおよびペナルティポイント1を科された。

おすすめのニュース

サイトトップへ