サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダらしい“超”意欲作!ミッドシップレイアウトの軽4WD|2代目ホンダ Z【MOTA写真館】

ここから本文です

1998年にデビューしたホンダ Zは、ミッドシップにエンジンを搭載したSUVテイストの軽自動車。ホンダには、軽自動車初のスペシャリティカーとして1970年に登場した初代ホンダ Zがあるが、社名は同じでも両者の間に連続性はない。しかし、背の高いSUVテイストの軽自動車という2代目Zのコンセプトは、昨今のSUVブームを先取りしていたとも言えるだろう。

広い室内と凝った造りが魅力のホンダ Z

アイデア飛ばしすぎ? “すぐに消えてしまった迷車” 5選

3ドア4人乗り、大径タイヤに高めの地上高を持つホンダ Zは、SUVタイプの軽4WDで、トールワゴンとSUVを掛け合わせた特徴的なパッケージング。

おすすめのニュース

サイトトップへ