サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ N-BOX、コロナ禍で販売台数2割減も6年連続トップ 軽自動車販売2020年上半期車名別

ここから本文です
全国軽自動車協会連合会は7月6日、2020年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年同期比22.7%減ながら、10万1454台で6年連続のトップとなった。

2位はスズキ『スペーシア』で、同27.2%減の6万5323台。首位N-BOXとは3万6131台差と大きく引き離された。3位は同23.9%減の6万2253台を販売したダイハツ『タント』。トップ3は前年と同じ顔ぶれとなったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、販売台数はいずれも大きく減少した。

おすすめのニュース

サイトトップへ