サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ トリシティ300、「スタンディングアシスト」の使用停止をユーザーに要請

ここから本文です
ヤマハ発動機は5月23日、三輪モデル『トリシティ300』について、停車時などに自立を補助する「スタンディングアシスト」に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2020年7月28日~2021年6月24日に製造された1311台。

スタンディングアシストは、自然なリーンを生み出すLMW機構のパラレログラムリンク上部に取り付けられたスタンディングアシストディスクを電動のキャリパーでロックし、車両の自立をアシストする仕組み。

おすすめのニュース

サイトトップへ