サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンパクトSUVの大穴は英国にアリ!──新型ジャガー・Eペイス試乗記

ここから本文です

コンパクトSUVの大穴は英国にアリ!──新型ジャガー・Eペイス試乗記

マイナーチェンジを受けたジャガーのコンパクトSUV「Eペイス」に小川フミオが試乗した。

最新ディーゼルの走りに感動

1年中使えるタイヤの価値とは? 新型ミシュラン・クロスクライメート2試乗記

ジャガーのコンパクトSUV「Eペイス」に、マイルド・ハイブリッド・システムを組み合わせたディーゼル・エンジン車が追加されたのが、今年の2月18日だった。ちょうど半年後の8月18日にようやく試乗したところ、パワフルで、スポーティな走りを楽しめるのがよくわかった。

SUVといえば日・独それにスウェーデンのブランドが、日本での主流という感がなきにしもあらず……。そのいっぽうで、1970年の初代「レンジローバー」で、プレミアムSUVの市場を作りあげたランドローバーもがんばっている。

レンジローバーが欲しいけれど、ぜいたくな価格で二の足を踏んでいるひとにとって、姉妹ブランドともいえるジャガーのEペイスという手があることをお伝えしたい。じっさい、今回の「S D200」はわりとこなれた価格で、英国的な独自の世界観が味わえるのが魅力的だ。

搭載するのは、1997ccの直列4気筒ディーゼルターボ・ユニットだ。150kW(204ps)の最高出力と、430Nmというトルクを持つ。加えて発進直後など、エンジンが充分なトルクを出せない回転域で力をおぎなう目的で、電気モーターが補助的に動くマイルド・ハイブリッド・システムを採用したのも、特筆すべき点だ。

D200のパワーユニットはいい。軽くアクセルペダルを踏み込んだだけで、もりもりと力強くトルクを発生。並行して、速度はぐんぐんと伸びていく。

1000rpmを超えるあたりから、地面を強く蹴るように、車両は速度をあげていく。2000rpmもまわれば充分すぎるぐらいのトルクが発生し、エンジンが回転を上げていくときはスムーズで、自分が期待していたとおりの加速感が味わえる。「これがいまの2.0リッター・ディーゼルの実力か!」と、いたく感心した。

強めにアクセルペダルを踏んだときは、ディーゼル・エンジン特有のノック音が聞こえるものの、全体的に静粛性は高い。

いちど速度に乗ってしまえば、オプションである「メリディアン」のスピーカーシステムを搭載したオーディオで、室内楽を楽しめるほど、車内はしずかだ。

スポーツカーのような走り

以前、おなじディーゼル・ユニットを載せた別のモデルに乗ったときは、さほど感心しなかった。トルクはそれなりにあっても、エンジン・フィールや加速性などで、劇的なものは感じられなかったのだ。

それに対して、Eペイスでは、あきらかに楽しい。カーブでの身のこなしも、ボディの傾きは少なく抑えてあるため、スポーティなクーペのようだ。ステアリング・ホイールを操作したときのボディの反応もすなおである。

これこそ、ジャガーのSUVならではの持ち味かもしれない。私はこのEペイスのドライブでそう感じた。加速も、減速も、曲がるときも、ダイレクト感がつよい。

ドライバーと車両が一体化した印象すら受ける。スポーツカーメーカーとして出発したジャガーの名に恥じない仕上がりであると感じた。当初のEペイスよりはるかにキャラクターがはっきりしたのが、たいへん好ましい。

貢献度“大”なのは、オプションの「ダイナミック・ハンドリング・パック」というパッケージだろう。

ハンドリングと乗り心地、ともにうんとよくなったのは、電子制御連続可変ダンパーがいい仕事をしてくれているからであろうと思う。

内外装のアップデート

Eペイスは、電動化(ハイブリッド化も含む)に対応するという「PTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)」を採用している。それによって、静粛性や乗り心地のよさが改善したとジャガーではしている。

スロットル・レスポンス、つまりアクセルペダルを踏み込んだときの加速感の改良も、PTAの目標のひとつだったようだ。活発な走りっぷり、と、感じたのは、中間加速がよりシャープになったことも関係しているのだろう。ドライバーの感覚に合うよう、うまくチューニングされている。

今回のEペイスでは、内外装のデザインも見直された。ヘッドライトのデザインや、フロントグリル、フロントバンパーロワーインサート、リアバンパーの形状を刷新。さらに、サイドベントにはジャガーの“リーパー”(跳びかかるようなジャガーの姿)ロゴを配し、新デザインのアルミホイールも追加、といったぐあいだ。

内装もいろいろ手が入っている。エンボス加工のジャガーリーパーロゴをレイアウトしたヘッドレスト、ステッチを施したシフトレバー、コンソールの小物用トレイ、11.4インチのタッチスクリーンといったものが、追加された。

試乗車のシートは、少々ざらっとした手触りに表面処理されたレザー張り。見た目はシンプルでありつつ、座り心地はよいし、おそらく長時間乗っていても疲れないのでは、と、思わせる快適なものだ。

「Pivi Pro」なる大型11.4インチのモニターがダッシュボードに据え付けられたのも、Eペイスがトレンドにちゃんとキャッチアップしている点。エアコンなどブラインドタッチで使う頻度が高い操作は、モニター内でなく、独立した物理的コントロールでおこなうのは、リアル・ライフでの使い勝手を考えてのことだろう。

試乗した「S D200」はリッターあたり14.3kmという燃費(WLTCモード)で、価格は576万円。さきに触れた「ダイナミックハンドリングパック」(22万9000円)や、パワージェスチャーテールゲートなどを含む「コンビニエンスパック」(18万6000円)は、どうしても欲しくなる。

いろいろ迷えるのも、プレミアム・ブランドならではの楽しさだ。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら