サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 アメリカGP】ハミルトンが6度目のワールドチャンピオンに…優勝はボッタス

ここから本文です

テキサス州オースティン近郊にあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで3日、F1アメリカGP決勝レースが開催され、ボッタスが優勝。ハミルトンは2位でワールドチャンピオンを決めた。

54周の決勝レースは、ポールポジションのバルテリ・ボッタス(メルセデス)がスタートを決めてトップをキープしたが、2位以下は大混乱。

2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、接触はないもののマシンに異常をきたし一気に7位までダウンし、その後サスペンションが破損してリタイヤ。ベッテルの脱落でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は2位へ。