サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本当の本当に本気なのか!? ホンダ、エンジン全廃の衝撃と可能性

ここから本文です
 ホンダが世界的な販売ラインアップの見直しを進めている。国内ではS660、レジェンド、クラリティ、オデッセイ、そしてNSXの生産終了を発表。この先も車種整理を進めていくだろう。

 この背景には、2021年4月23日、三部敏宏(みべ としひろ)新社長が就任会見で語った、「先進国全体でのEV、FCVの販売比率を2030年に40%、2035年には80%、2040年には、グローバルで100%を目指す」という目標が関係している。

おすすめのニュース

サイトトップへ