現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 出会ったら超ラッキー!? マイナーすぎるセダン5選

ここから本文です

出会ったら超ラッキー!? マイナーすぎるセダン5選

掲載 更新
出会ったら超ラッキー!? マイナーすぎるセダン5選

■どう考えても売れないだろうというモデルも

 メーカーが世に出す新型車は、売れるという自信があるからこそ莫大な費用と時間をかけて開発します。

世代を超えて愛される? 「ガンダムっぽい」クルマ5選 メカメカしい、まるでモビルスーツ!

 しかし、必ずしも売れるとは限らず、失敗作という烙印が押されることもあります。また、あえて一般の人に向けて売らず、特殊な用途に特化したクルマもあります。

 そこで、これまで販売された国産セダンのなかから、販売台数がいまひとつだったり、特殊なモデルなどマイナーな5車種をピックアップして紹介します。

●ホンダ「インテグラSJ」

 ホンダ「インテグラ」といえば「タイプR」に代表されるスポーティなモデルが思い浮かびますが、1996年に発売された「インテグラSJ」はそれとは真逆なモデルでした。

 同時期に販売されていた「シビックフェリオ」をベースとしていて、外装もほぼシビックフェリオのままで、フロントマスクは、同じくシビックのシャシをベースとしたワゴンの「オルティア」から流用されていました。

 エンジンは4気筒1.5リッターのみで、3ステージVTECとスタンダードな16バルブの2種類をラインナップ。トランスミッションは5MTとCVT、4ATが用意され、3グレード展開でした。

 ホンダとしてはインテグラSJをフォーマルなセダンというコンセプトで作りましたが、当時の販売チャネル「ベルノ店」で販売されていたモデルの隙間を埋める目的があったのでしょう。

 シビックフェリオの存在があったため、中途半端なスペックのインテグラSJは当然ながら販売は低迷し、わずか4年で販売を終了。フルモデルチェンジはなく、1代限りのモデルとなってしまいました。

●フォルクスワーゲン「サンタナ」

 1980年代、日産とフォルクスワーゲンは業務提携を行なっていました。その事業の一環で日産はフォルクスワーゲンのグローバルセダン「サンタナ」を日本でノックダウン生産し、日産ディーラーでも販売することになります。

 1984年から販売されたサンタナは日本の5ナンバー枠に収まるボディサイズに改変され、エンジンは2リッター直列5気筒と、1.8リッター直列4気筒、1.8リッター直列4気筒ディーゼルをラインナップ。

 トランスミッションは5MTと3ATが用意されました。

 ボディサイズは全長4530mm×全幅1690mm×全高1395mmと、前出のように5ナンバーサイズですが全長は比較的長く、6ライト(サイドウインドウが6つ)のデザインは欧州テイストがあるスタイリッシュな印象でした。

 しかし、フォルクスワーゲン・ブランドながら日産製ということが、当時の輸入車を買う層にはあまり受け入れられなかったのか、販売は低迷し1990年に生産を終了。

 同年、日産とフォルクスワーゲンの提携自体も終了してしまいます。

●トヨタ「トヨタ教習車」

 クルマの運転免許を持っている人の多くが乗ったことのあるクルマが教習車ですが、かつては各メーカーから販売されていました。

 近年はMT車の減少から、教習車のベースとなるセダンも少なくなり、限られたメーカーのみの生産に。

 トヨタも長く「コンフォート」をベースに教習車としていましたが、2018年に新型「トヨタ教習車」を発売しました。

「カローラアクシオ」をベースとしていますが、あくまでも車名は「トヨタ教習車」となっていて、販売チャネルもカローラ店ではなくトヨペット店です。

 指導員が教習生の運転を確認するための指導員用インジケーターランプ(ターン&ブレーキ)、後方視界を確保する指導員用ドアミラーとルームミラー、助手席用ブレーキペダルを装備。

 ほかにも急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅し、後続車に注意を促す「緊急ブレーキシグナル」を搭載しています。

 販売目標台数は850台/年とカローラアクシオの約1/40ほどと非常にレアなクルマですので、見かけたらラッキーかもしれません。

 また、カローラアクシオのフルモデルチェンジも近いので、ベースが変わるのか併売されるのか、いまのところは謎です。

■本気で売る気があったのか不明なモデル

●三菱「ディグニティ/プラウディア」

 三菱のマイナーなセダンというと「デボネア」が真っ先に思い浮かびますが、さらにマイナーなモデルとして「ディグニティ」と「プラウディア」があります。

 初代は2000年に発売され、ディグニティがリムジン、プラウディアが高級セダンと位置付けられていました。

 両車ともその存在はほとんど知られていませんが、ディグニティは宮家の公用車として採用されていますので、テレビで見たという人も多いのではないでしょうか。

 ほかには三菱の系列企業の重役用という用途もありました。

 しかし、販売は低迷し、わずか1年ほどで生産を終了。2012年に復活しますが、日産「シーマ/フーガ」のOEM車となってしまいました。

●ダイハツ「シャルマン」

 いまから50年ほど前にダイハツはトヨタと業務提携の契約を締結。現在までダイハツとトヨタは相互に新型車開発で協力しあってきましたが、マイナーすぎるセダンとしてダイハツ「シャルマン」が存在します。

 初代シャルマンは1974年に発売。シャシとボディパネルの一部を2代目「カローラ」から流用し、フロント、リアは専用にデザインされていました。

 エンジンは1.2リッターと1.4リッターの直列4気筒OHVで、組み合わされるトランスミッションは5MT、4MT、2ATが用意され、これらもカローラと同じものでした。

 1981年にフルモデルチェンジを行ない、初代と同じくカローラ(4代目)をベースに、ボディパネルはすべて専用にデザインされたものとなっていました。

 ほぼカローラだったシャルマンをわざわざ買うユーザーは少なく、非常にレアなクルマとして有名になります。

 1988年にシャルマンは販売終了して、ダイハツが独自に開発した5ドアハッチバック「アプローズ」にバトンタッチ。

 しかし、このアプローズは不具合から車両火災を起こしてイメージダウンし、販売は極端に低迷。10年ほど販売していましたが、こちらもあえなく激レア車となってしまいました。

※ ※ ※

 今回ピックアップした5車種以外にもマイナーなクルマは多数存在します。

 世の中、売れるクルマばかりではないので、こうしたマイナーなクルマを探してみるのも楽しいかもしれません。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

気分をスカッとさせる昭和のじゃじゃ馬[マーチスーパーターボ]は現代のGRヤリスより速い?【リバイバルBESTCAR】
気分をスカッとさせる昭和のじゃじゃ馬[マーチスーパーターボ]は現代のGRヤリスより速い?【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
走行中の「CO2排出」を語るだけじゃ「木を見て森を見ず」! クルマの「一生涯」で出すCO2排出量を考える時代がきている
走行中の「CO2排出」を語るだけじゃ「木を見て森を見ず」! クルマの「一生涯」で出すCO2排出量を考える時代がきている
WEB CARTOP
トヨタが初日首位スタート。2台ともに順調も「前回とは路面が変わっている」と可夢偉が警戒/WECサンパウロ
トヨタが初日首位スタート。2台ともに順調も「前回とは路面が変わっている」と可夢偉が警戒/WECサンパウロ
AUTOSPORT web
存在感はカニエ・ウェスト級! アバルト500e 長期テスト(1) EV特有の制限を楽しさは上回る?
存在感はカニエ・ウェスト級! アバルト500e 長期テスト(1) EV特有の制限を楽しさは上回る?
AUTOCAR JAPAN
「雨降るし洗車はイミなくない?」実際どうなの? 多くの人が勘違いしている“洗車に最悪のタイミング”とは
「雨降るし洗車はイミなくない?」実際どうなの? 多くの人が勘違いしている“洗車に最悪のタイミング”とは
乗りものニュース
ジェンソン・バトンは残留希望。来季メーカースイッチが予想されるJOTAは「間違いなく最善の選択肢」
ジェンソン・バトンは残留希望。来季メーカースイッチが予想されるJOTAは「間違いなく最善の選択肢」
AUTOSPORT web
赤ちゃん用品のコンビ、要望を受け「チャイルドシートレンタル」開始
赤ちゃん用品のコンビ、要望を受け「チャイルドシートレンタル」開始
レスポンス
間もなく梅雨明けで夏本番も間近! SA・PAで味わえる今夏の絶品ひんやりスイーツを紹介!!
間もなく梅雨明けで夏本番も間近! SA・PAで味わえる今夏の絶品ひんやりスイーツを紹介!!
ベストカーWeb
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「レクサス RC F」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「レクサス RC F」から全4問!
レスポンス
新型「コンパクトミニバン」発表! アウトドアデザイン×2列3列採用!? ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」を比較した人の声とは
新型「コンパクトミニバン」発表! アウトドアデザイン×2列3列採用!? ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」を比較した人の声とは
くるまのニュース
[夏のメンテナンス]あなたの運転がエンジンを傷める? クルマに優しい運転法を紹介
[夏のメンテナンス]あなたの運転がエンジンを傷める? クルマに優しい運転法を紹介
レスポンス
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
ベストカーWeb
一般道でもこんなに快適なの!? 絶好調三菱トライトンに超悪路と一般道で乗った! 中谷明彦×石田貴臣【動画】
一般道でもこんなに快適なの!? 絶好調三菱トライトンに超悪路と一般道で乗った! 中谷明彦×石田貴臣【動画】
WEB CARTOP
【鈴鹿8耐】「サステナブルに楽しむ」のが今年のトレンド? スズキの「CNチャレンジ」をブースでも体感
【鈴鹿8耐】「サステナブルに楽しむ」のが今年のトレンド? スズキの「CNチャレンジ」をブースでも体感
レスポンス
トヨタ、ホームのラリー・フィンランドは5台体制。ラトバラ代表もラリー2でGRヤリスをドライブ
トヨタ、ホームのラリー・フィンランドは5台体制。ラトバラ代表もラリー2でGRヤリスをドライブ
motorsport.com 日本版
同じ場所を同じような速度で走っても「タイヤの長持ち度」が全然違う! レースで出てくる「タイヤマネジメント」って何をしている?
同じ場所を同じような速度で走っても「タイヤの長持ち度」が全然違う! レースで出てくる「タイヤマネジメント」って何をしている?
WEB CARTOP
グリップ走行のレーサーがドリフトやって、悪影響にならない? むしろメリットを感じる大嶋和也「今まで『ヤバい!』と思っていたものが怖くない」
グリップ走行のレーサーがドリフトやって、悪影響にならない? むしろメリットを感じる大嶋和也「今まで『ヤバい!』と思っていたものが怖くない」
motorsport.com 日本版
【まるでベントレーが水中花?】 新型コンチネンタルGTスピードがグッドウッドに登場 世界最速記録の裏側も
【まるでベントレーが水中花?】 新型コンチネンタルGTスピードがグッドウッドに登場 世界最速記録の裏側も
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

136.8166.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

53.082.0万円

中古車を検索
インテグラSJの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

136.8166.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

53.082.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村