サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 環境問題への関心深めるベッテル、連戦の合間に元F1ドライバーが営む有機農場を訪問

ここから本文です
 環境問題に強い関心を持つ4度のF1世界王者セバスチャン・ベッテルは、第19戦ブラジルGPに先立ち、元F1ドライバー、ペドロ・ディニスが経営する有機農場を訪れた。ベッテルは環境に配慮した形での農業に触れ、強い印象を受けたという。

 ディニスは1995年から2000年までの間、フォルティ・コルセ、リジェ、アロウズ、ザウバーといったチームでF1に参戦した。ドライバーとしてのキャリアを終えた彼は、現在、家族経営の農場を管理している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ