サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「赤いコスモ」「赤いファミリア」 マツダ車が”赤”をイメージカラーにする理由とは

ここから本文です

東洋コルク時代のコーポレートマークも「赤」

 自動車メーカーに限らず、企業やブランドには企業イメージを象徴する色=コーポレートカラーというのがある。クルマの場合、それとは別にカタログや発表会の展示モデルに選ばれる、車種ごとのイメージカラーというのがあるが、マツダ車は突出してそのイメージカラーに「赤」のクルマが多い。

ミニバンにない魅力は? いま、3列シートSUVが注目される理由

 古くは初代ファミリアやFFファミリア(5代目)、コスモ(2代目)など。今となっては現行車の全てのモデルが、ソウルレッドクリスタルメタリックという徹底ぶりだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ