サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン劇的な挽回で2位「周回遅れに対して我慢が足りなかったせいで、大変な一日に 」メルセデス/F1第2戦

ここから本文です
 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは2位を獲得した。

 ポールポジションからインターミディエイトでスタートしたが、すぐさまマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に抜かれ、2番手に落ちた。さらに、周回遅れを抜く際にコースオフ、フロントウイングを破損した状態でなんとかコースに戻れたものの、ポジションを落とし、ピットインした。同時期にバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのクラッシュで赤旗中断に。ハミルトンは9番手からリスタートし、次々に前方のマシンを抜き去り、2位でチェッカーを受けた。

おすすめのニュース

サイトトップへ