サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「トレーサー900」2020年モデル登場! 「700」よりも人気の万能選手に新色追加

ここから本文です

ヤマハ「トレーサー900」2020年モデル登場! 「700」よりも人気の万能選手に新色追加

■精鋭さを引き立てる新色が登場

 ヤマハは、水冷・4ストロークDOHC直列3気筒エンジンを搭載したスポーツツーリングモデル「TRACER(トレーサー)900 GT ABS」および「TRACER900 ABS」のカラーリングを変更し、2020年2月25日より発売します。

ヤマハ「トレーサー700」を一新! ついに日本導入なるか!?

 MT-09の派生モデルとして登場したヤマハ「TRACER900 GT ABS」「TRACER900 ABS」は、“Two Sides of the Same Coin: Sports and Travel”をコンセプトに開発された車両で、市街地からツーリングまで幅広い用途でスポーティかつ快適な走りを楽しめるモデルとして世界中のユーザーから支持を得ています。

 TRACER900 ABSをベースに、フルアジャスタブル式倒立フロントサスペンションやクルーズコントロールシステム、クイック・シフト・システム(QSS)、グリップウォーマーなどを採用し、ツーリングの快適性を向上させた上級モデルTRACER900 GT ABSの新色として追加された“マットダークグレー”は、マットダークグレーとレッドを組み合わせ、大人の落ち着きとスポーティさを表現したものです。

 また、TRACER900 ABS の新色“マットグレー”はヤマハのスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」の2020年モデルとリレーションを図ったマットグレーとブルーをあしらい、上質なスポーツツーリングイメージをとれさました。なお、「TRACER900 GT ABS」の“ブラック”および“マットブルー”は継続して販売されます。

 ヤマハ「トレーサー」シリーズには、海外で発売されているMT-07ベースの700ccモデルも存在していますが、ヤマハの広報担当に“900”と“700”の販売状況を伺ったところ「MTに関しては“09”よりも“07”のほうが人気ですが、トレーサーに関しては“900”のほうが人気です。理由については明らかではありませんが、“ツーリングモデル”と“ロードスポーツ”いう特性の違いが排気量選択に影響しているのかもしれません」と話します。

 使い勝手に優れたヤマハ「TRACER900 GT ABS」「TRACER900 ABS」2020年モデルの価格は(消費税込)113万3000円で、シリーズ合計800台の国内年間販売計画が予定されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します