サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレス「スプリント予選ではオーバーテイクができなくて退屈」レッドブル・ホンダ/F1第14戦

ここから本文です
 2021年F1イタリアGPの土曜スプリント予選で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは9番グリッドからスタート、9番手でフィニッシュした。

 ペレスは、スタートでひとつ順位を落とした後、アストンマーティンのランス・ストロールを追うことに。バトルのなかでターン2をショートカットし、いったん前に出たが、後にポジションを戻した。これによりペレスが継続するアドバンテージを得たかどうかが審議の対象となったものの、調査の結果、問題なしとされた。その後、ペレスは改めてオーバーテイクを成功させ、9番手でフィニッシュしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ