サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマト運輸と医薬品販売のアルフレッサ、AI活用して適正配送 高度化システム開発 生産性20%改善

ここから本文です
 ヤマト運輸は3日、医薬品販売のアルフレッサ(福神雄介社長、東京都千代田区)と共同で、ビッグデータや人工知能(AI)を活用し配送業務量の予測と適正配車を行うシステムを開発したと発表した。新システムによって配送時の走行距離削減などが可能となり、生産性が従来比で最大20%向上できるという。配送時の二酸化炭素排出量は同25%削減と試算した。今月から首都圏のアルフレッサの支店に導入して順次、全国展開する。デジタルを活用して医薬品の配送を効率化し、さまざまな社会課題の解決につなげる考えだ。

 医薬品の配送は、高齢者人口の増加や物流ドライバー不足によって負荷が増えている。

おすすめのニュース

サイトトップへ