サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人とは違うステーションワゴンが欲しい人へ──プジョー 508 SW日本上陸!

ここから本文です

人とは違うステーションワゴンが欲しい人へ──プジョー 508 SW日本上陸!

2019年6月27日、プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのフラグシップモデル「508」のステーションワゴン「508 SW」の日本仕様を発表した。

508 SWは、すでに販売中の5ドア・モデルよりもリア・オーバーハング部を4cm延長し、ラゲッジルームの積載性を高めている。さらに後席のヘッドクリアランスを4cm増し、後席の居住性も向上したとのこと。

個性も乗り心地もピカイチ! シトロエンのSUVが超ユニークだ!──シトロエン C5エアクロスSUV試乗記

ラゲッジルームの通常容量は530リッター(先代比プラス182リッター)であるが、リアシートをすべて格納すると1780リッターにまで拡大する。なお、バックレストは、ラゲッジルーム内にあるレバーを操作すれば、簡単に格納出来る「ワンタッチフラット機能」付きだ。

そのほか、荷崩れを防止するセパレーションネットやトノーカバー、リアシートバックレスト中央部のトンラクスルー機構なども備わり、使い勝手を高めている。テールゲートは電動開閉式だ。

そのほかの快適装備、先進安全装備は5ドア・モデルとほぼおなじだ。フルデジタルパネルを使ったコクピット・デザイン(i-Cockpit)や、渋滞時追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、LKA(レーン・キーピング・アシスト)、衝突軽減ブレーキシステム、フロント&バックソナー、リアバックカメラ、ナビゲーションシステムなどは全車標準である。

搭載するエンジンは、2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボ(最高出力177ps/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpm)と、1.6リッター直列4気筒ターボ(180ps/5500rpm、250Nm/1650rpm)の2種類。組み合わされるトランスミッションは8速オートマチック・トランスミッションだ。なお、駆動方式は前輪駆動のみである。

新型プジョー 508 SWの価格はガソリン・モデルが442万円(Allure)と484万円(GT Line)で、ディーゼル・モデルが517万円(GT BlueHDi)だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します