サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 100年前は英国2番手ブランド ベルサイズ15hpを振り返る 非力だった2.8L 4気筒 後編

ここから本文です

手頃な価格のセブンが救ったオースチン

100年前の英国では、どの自動車メーカーも苦しい状況にあった。ベルサイズだけでなく、オースチンも1919年から1920年にかけて、労働者によるストライキに悩まされた。戦後の景気は著しく悪化し、自動車市場は50%も縮小していた。

【画像】今はなきブランド ベルサイズ・モータースの15hp 同年代のクラシックと比較 全76枚

クルマへ掛かる税制も変わり、主要モデルの魅力度は失われていた。結果的にオースチンは1921年に倒産。破産管財人の管理下に置かれてしまう。

ただし、オースチンは生き残ることができた。英国で自動車の民主化を推し進めた手頃な価格の小型乗用車、セブンが存在したからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン