サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「雨」の恐ろしさは想像以上! 事故率4倍のリスクを避ける「降り始め」への注意と対策とは

ここから本文です

「滑りやすさ」と「視界不良」が事故の原因となる

 うっとうしい梅雨の季節。クルマで移動していても、なんとなく気持ちが晴れない人も多いのでは? だからこそ、つまらない事故などは起こしたくないもの。

万能じゃないウインドウ撥水コーティング! ヘタをすると最悪ガラスに傷も

 内閣府の資料によると、平成29年中の交通事故発生件数は47万2,165件。一カ月平均=約3万9300件に対し、6月の交通事故件数は、約3万8000件と意外にも平均値をわずかに下まわっている。

 しかし、首都高速道路株式会社の調べでは、雨天時は晴天時の約4倍も事故が起こりやすいというデータがあり、雨が降ると危険度が増大するのは間違いない。

おすすめのニュース

サイトトップへ