サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ギャレット・ガーロフ、2022年もヤマハからSBKに継続参戦。MotoGPでは若手ライダーを起用か

ここから本文です

 7月22日、スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦しているヤマハ・モーター・ヨーロッパは、ギャレット・ガーロフと1年間の契約に合意して、2022年までSBKに継続参戦させると発表した。

 ガーロフは、MotoAmericaAMA/FIM北米ロードレース選手権のスーパースポーツで2016、2017年と2度王者に輝き、2019年は最高峰のスーパーバイクで4勝を挙げたアメリカ人ライダーだ。

2022年のライダー構成は「あらゆる可能性がある。他の選手権からも関心が寄せられている」とペトロナス・ヤマハSRTのラザリ代表

 2020年にはヤマハのインディペンデントチームであるGRTヤマハからSBKデビューを果たし、3度の表彰台を獲得。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン