サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TDレース後会見:1991年以来のアメリカでの勝利。激戦を制すも「まだまだ長く厳しいシーズンが続く」

ここから本文です
 不利が予想されたF1第17戦アメリカGPで、マックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウイン、セルジオ・ペレスも3位に入ったことで、レッドブル・ホンダが前戦トルコGPに続いて2戦連続のダブル表彰台を獲得した。一方アルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーがサスペンショントラブルで序盤にリタイアを喫したものの、角田裕毅が終始安定した走りで久々の9位入賞を果たした。

 この結果にホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、「4台入賞の目標には届きませんでしたが、3台はいいレースをしてくれた」と、コメント。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン