サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】「トヨタ・プレミオ」が14年ぶりフルモデルチェンジ! 生き残りかけてクーペスタイルで若返り?

ここから本文です

【スクープ】「トヨタ・プレミオ」が14年ぶりフルモデルチェンジ! 生き残りかけてクーペスタイルで若返り?

次期「プレミオ」には最新世代のTNGAプラットフォームとハイブリッドパワートレインを採用!

トヨタのミッドサイズセダン、「プレミオ」の次期型に関する情報を入手。今回は、それを元にエクステリアの予想CGを作成した。初代プレミオは、かつてトヨタの主力セダンだった「コロナ」の後継として2001年に登場。2007年には第2世代が登場し(「コロナ・プレミオ」時代から数えれば第3世代)、2016年には大規模なマイナーチェンジが実施されたが現行型は登場からすでに13年。セダン市場の縮小から生産終了の噂もあったが、ここにきて次期モデル開発の情報が入ってきたわけだ。

トヨタ品質はこんなところにも! 足踏み式消毒スタンドの「しょうどく大使」が発売

入手した情報では、次期型は最新世代の「TNGA」プラットフォームを採用。ボディサイズは拡大され、5ナンバー級から3ナンバークラスになるという。また、フロントマスクの刷新やクーペ風のルーフ形状を採用することでスタイリングは大幅に若返る可能性もあるようだ。

そこで、エクステリアの予想CGではAピラーとCピラーに傾斜をもたせたクーぺ風シルエットを採用。サイドのキャラクターラインも、フロントからラウンドさせたラインやエッジの効いたラインなどを組み合わせてシャープなイメージに仕上げた。また、情報によればフロントマスクにクラウンから譲り受けた羽型アンダーグリルや押し出しの強いラジエターグリルを採用。ヘッドライトも二段構えの造形でシャープな面持ちが演出されるという。

搭載するパワーユニットは、トヨタお得意のハイブリッド(THSII)という説が有力。1.8L直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのコンビネーションで、最高出力は175ps程度となるはず。その開発が順調に進めば、次期プレミオの登場は2021年内という説が有力。日本を代表するセダンである「クラウン」に生産終了の噂も出ている中、正統派セダンの命脈を保つ存在として次期プレミオには登場への期待が高まる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します