サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ・ライツ第6大会もてぎは名取鉄平が最速もアレジが実質のダブルポール

ここから本文です
 Buzz presents 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6大会は10月16日、栃木県のツインリンクもてぎで10時55分から第15戦/第16戦の公式予選が行われ、名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が1分42秒884でトップタイムを記録。セカンドベストはジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)が1分42秒933でトップとなった。ただ名取は専有走行でエンジン交換を行っており、第15戦はグリッド降格のペナルティが予想される。

 2021年のスーパーフォーミュラ・ライツもこの第6大会が今季最終ラウンド。

おすすめのニュース

サイトトップへ