サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 日本ブランド3車種、2021ワールドカーオブザイヤー第2次選考に残る…ホンダe、MX-30、ヤリス

ここから本文です

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月2日、「2021ワールドカーオブザイヤー」の第2次選考10車種を発表した。

ワールドカーオブザイヤーは、2006年に開始された。今回は2019年秋から2020年秋にかけてデビュー、またはマイナーチェンジを受けた新型車の中から、最高の1台を選出する。欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは、選考対象から外される。

投票は世界20か国以上の93名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に実施する。2021年4月に、イヤーカーが決定する予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ