サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ、「ムーヴキャンバス」6年ぶりフルモデルチェンジ 新グレードやターボ追加で男性や中高年も開拓

ここから本文です
 ダイハツ工業は5日、「ムーヴキャンバス」を6年ぶりに全面改良し、13日に発売すると発表した。初代は若年層の女性にターゲットを絞ったかわいらしいデザインを採用したが、新型では落ち着いたデザインのグレードを新たに追加し、男性客や中高年層の開拓も狙う。顧客層を拡大し、旧型の月販計画の3割増となる6500台の販売を目指す。生産はこれまで滋賀工場と京都工場で行っていたが、新型車はダイハツ九州大分第2工場に移管する。

 ムーヴキャンバスは2016年に初代を発売したモデル。ハイト系のサイズ感とスライドドアの使い勝手、特徴的なデザインが支持され、累計39万台を販売してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ