サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > REAL RACINGが2020年のスーパーフォーミュラ参戦休止を発表、2021年以降の復帰を目指す

ここから本文です

 今シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦を予定していたREAL RACINGだが、開幕まで1ヵ月に迫ったところで参戦を休止することを発表した。

 昨シーズンはトリスタン・シャルパンティを開幕戦から起用していたが、第2戦から経験豊富な塚越広大がステアリングを握り、最終戦鈴鹿では7位入賞を果たした。

■3月9日・10日のスーパーフォーミュラ鈴鹿公式テストは予定通り実施へ

 その際も塚越は2020シーズンに向けて意欲を見せていたが、今年1月に行なわれたホンダの体制発表では、ドライバー未定という状態になっていた。

 シーズン開幕が刻々と迫る中、REAL RACINGは27日にプレスリリースを配信。

おすすめのニュース

サイトトップへ