サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキZ900RSはニンジャにもなれる!? ドレミコレクションのカスタム車「GPZ900R Style」を紹介!

ここから本文です

カワサキZ900RSはニンジャにもなれる!? ドレミコレクションのカスタム車「GPZ900R Style」を紹介!

旧車のスタイルが好きだけど、最新モデルの安心感と性能を求める人ならZ900RSのカスタムはいかが? ドレミコレクションが展開するZ900RSベースのカスタムスタイルは旧車好きも満足する完成度だ。今回はZ900RS「GPZ900R Style」を紹介しよう!
写真:井上 演/まとめ:オートバイ編集部

ドレミコレクションがカスタムしたZ900RS「GPZ900R Style」
インナータンクのなせる技、まさかのニンジャスタイル

カワサキが5台の新型車を発表&日本で販売する2021年モデルまとめ

Z1000Rスタイルを生み出したドレミコレクションのインナータンクは、歴代のZ系スタイルカスタムだけでなく、次の世代の世界最速マシンであるGPZ900Rのスタイルまで作り出してしまった。

『Nininja』と名付けられたGPZ900Rスタイルカスタムは、Z 900RSに車検対応のインナータンクを装着し、外装キットでスタイルチェンジ。Z900RSはGPZ900Rと同様に水冷エンジン搭載なので、スタイリングのバランスは抜群だ。

ここまでの大幅なスタイルチェンジだが、インナータンクと外装キットともにボルトオンでの装着が基本となっているのがドレミコレクションの凄さ。今回紹介しているZ1000RとGPZ900R以外にも、Z1000MkII、Z1R、KR1000のスタイルも発表されており、旧車スタイルを楽しむライダーの増加は必至だ。

ちなみに取材時(2020年夏)、このカスタムは開発段階の途中だった。より完成度の高い車両が登場することだろう。

ドレミコレクションZ900RS「GPZ900R Style」各部装備・ディテール解説
14リットルのスチールインナータンクを装着し、外装変更を可能にした。装着しているアッパーカウル、サイドカバー、テールカウルなどの外装はドレミコレクションがラインアップするGPZ900R用のリプロパーツなので、そのスタイルは間違いなくGPZ900Rだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します