サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン「またメルセデスとの事故なんて異常。ほとんど運転不可能な車で入賞を果たした」F1第11戦決勝

ここから本文です

フェルスタッペン「またメルセデスとの事故なんて異常。ほとんど運転不可能な車で入賞を果たした」F1第11戦決勝

フェルスタッペン「またメルセデスとの事故なんて異常。ほとんど運転不可能な車で入賞を果たした」F1第11戦決勝

 2021年F1ハンガリーGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはスタート直後にアクシデントに巻き込まれ、10位に終わった。この順位は暫定リザルト。2位フィニッシュのセバスチャン・ベッテルの失格裁定に関して、アストンマーティンは上訴の意志を正式に示したため、その結果によってリザルトが確定される。

 決勝に向けて、ホンダはフェルスタッペンのパワーユニット(PU/エンジン)を交換した。予選後のチェックで異変を発見、イギリスGPでのクラッシュの影響がハンガリーの週末に拡大したとの見方を示している。

ホンダ田辺TD「2戦連続クラッシュが起き、残念な締めくくり」も後半戦への闘志を燃やす/F1第11戦決勝

 フェルスタッペンは3番グリッドからスタート、その直後、2番グリッドスタートのバルテリ・ボッタス(メルセデス)がターン1へのブレーキングでランド・ノリス(マクラーレン)に追突。その影響でノリスにヒットされたフェルスタッペンは、大幅にポジションを落とした。コース清掃のため赤旗中断となった際、チームは可能な限りマシンダメージの修復に当たったが、フェルスタッペンは、傷ついたマシンでレースを続行することになった。レース再開後、ミディアムタイヤからハード、再びミディアムへと交換しながら走行し、フェルスタッペンは最終的に10位でフィニッシュした。

 タイトル争いのライバル、ルイス・ハミルトンはポールポジションからいったん最下位に落ちながら、3位でフィニッシュ。フェルスタッペンはドライバーズ選手権首位を明け渡すことになった。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 決勝=10位(暫定)
 今日のレースでのことは、僕たちにはどうすることもできなかった。2戦連続で弾き出されるなんて信じられない。

 メカニックの皆が僕をレースに戻すために頑張ってくれた。でもあのインシデントの後、マシンにたくさんのダメージを負ったまま走り続けなければならず、運転するのはものすごく難しかった。ダウンフォースを失ったことで、ひどいオーバーステアとひどいアンダーステアに苦労した。もちろん、1ポイントしか獲得できなくてとてもがっかりしている。でも、クラッシュの後もレースを続けることができたのはすごくラッキーだった。1点獲れたなんて驚きだし、1点であっても重要だ。

 これからサマーブレイクに入るけれど、プッシュし続けていく。絶対にあきらめず、自分たちのことに集中して取り組んでいくつもりだ。2戦、不運なレースが続いたが、何かを失ったわけではない。シーズンは長い。まだまだこれからだ。

(初優勝した)エステバン(・オコン)におめでとうと言いたい。すごくうれしそうにしていたね。これからたくさんの勝利を挙げていくことになると思うよ。

(レース後の会見で語り)またメルセデスにやられた。バルテリは完全にブレーキングポイントをミスしていた。それで大クラッシュを引き起こしたんだ。

 マシンの片側が丸々だめになった。バージボードエリア全体と、フロアもダメージを受けて、ほとんど運転できる状態ではなかった。それでも全力を尽くしてポイントをつかんだ。でももちろん望んでいた結果ではない。

 異常な出来事が続いて、大量のポイントを失っている。彼ら(メルセデス)はもちろんとても速いけれど、僕たちは自分自身のことに集中して、努力していくだけだ。そして最終的にどういう結果が出るのかを見てみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します