サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1、70周年記念GPのリザーブドライバーにディ・レスタを起用

ここから本文です
 元F1ドライバーで現在F1解説者を務めるポール・ディ・レスタが、2020年F1 70周年記念GPで、マクラーレンのリザーブドライバーを務めることが明らかになった。レギュラードライバーのカルロス・サインツJr.かランド・ノリスが出場できない事態になった場合、ディ・レスタが代理を務める。

 コロナ禍のなかでの2020年シーズンでは、現地を訪れる関係者は頻繁にCovid-19の検査を受けなければならない。ドライバーに陽性結果が出たときには、チームは代理を立ててレースに出場するため、リザーブドライバーの存在は重要になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ