サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、アゼルバイジャンでのタイヤバーストは”ピレリの責任ではない”と主張「僕らには問題なかったし」

ここから本文です
 F1アゼルバイジャンGPの決勝レースで、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とランス・ストロール(アストンマーチン)のタイヤが相次いでバースト。彼らはこれでマシンのコントロールを失い、コンクリートバリアの餌食となってレースを終えた。

 ピレリはパンクを起こした2台のマシンのタイヤを、グランプリ終了後に調査。その結果、「走行条件」が問題の原因になったと結論付けた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン