サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ 藤本常務「好調市場へ新車優先供給」…第1四半期営業利益は261億円の黒字に

ここから本文です
マツダが7月30日に電話会議で発表した2022年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、北米などの販売回復により営業利益は261億円(前年同期は453億円の赤字)と黒字を確保した。通期予想は半導体不足などの不透明要素が多く、据え置いた。

第1四半期のグローバル販売は、45%増の35万3000台だった。主力の米国は全体需要の回復もあって73%増の10万6000台、豪州は81%増の3万3000台と大きく伸ばした。日本は新車供給の制限もあり、7%増の2万8000台にとどまった。グローバル販売の水準は、コロナ禍以前である19年の4~6月期との比較では横ばいまで回復した。

おすすめのニュース

サイトトップへ