現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1新世代2026年マシン“30kg軽量化”は「不可能な目標」とフェルナンド・アロンソ懸念

ここから本文です
F1新世代2026年マシン“30kg軽量化”は「不可能な目標」とフェルナンド・アロンソ懸念
写真を全て見る(1枚)

 F1は6月6日に2026年から導入される新規定を発表。新しいF1マシンは小型軽量化が目指されているが、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)はその目標が非常に難しいものだと考えているようだ。

 新世代のマシンはホイールベースは最大3600mmから3400mmに、全幅は2000mmから1900mmに縮小。最大フロア幅は150mm縮小される。そして軽量化は重要な目標であり、2026年型車両の最低重量は2022年より30kg軽い768kgとされている。

■2026年のF1マシンはこうなる! 新レギュレーション詳細

 だが現行のマシンから30kg軽量化するという目標について、アロンソはかなり厳しい視線を投げかけている。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

WECサンパウロ、性能調整でル・マンウイナーのフェラーリが出力引き上げ。重量はトヨタと同じ1060kgに
WECサンパウロ、性能調整でル・マンウイナーのフェラーリが出力引き上げ。重量はトヨタと同じ1060kgに
motorsport.com 日本版
タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
motorsport.com 日本版
フェラーリ、WEC第5戦サンパウロで499Pにアップデート投入。ブレーキダクトや空力改善
フェラーリ、WEC第5戦サンパウロで499Pにアップデート投入。ブレーキダクトや空力改善
motorsport.com 日本版
苦戦続いたアストンマーティン、”正常”に戻ったのか? チームは慎重姿勢も、アロンソは復活を喜ぶ
苦戦続いたアストンマーティン、”正常”に戻ったのか? チームは慎重姿勢も、アロンソは復活を喜ぶ
motorsport.com 日本版
今季大不振のアルピーヌF1。ただし“素材”は揃っていた? 新技術トップは復活に自信「今のところいい感じ」
今季大不振のアルピーヌF1。ただし“素材”は揃っていた? 新技術トップは復活に自信「今のところいい感じ」
motorsport.com 日本版
フェラーリF1、スペインで投入したアップデートを諦め、旧仕様に戻して戦うシルバーストン。サインツJr.「高速での安定性が少し増した」
フェラーリF1、スペインで投入したアップデートを諦め、旧仕様に戻して戦うシルバーストン。サインツJr.「高速での安定性が少し増した」
motorsport.com 日本版
F1で培った技術を市販ハイパーカーへ! 鬼才ニューウェイのレッドブル最終作RB17が公開。LMHの安全規則採用
F1で培った技術を市販ハイパーカーへ! 鬼才ニューウェイのレッドブル最終作RB17が公開。LMHの安全規則採用
motorsport.com 日本版
フェルスタッペン、レッドブルにさらなるマシンアップデートを要求。空力テスト制限の影響強まるも「それは仕方ないこと」
フェルスタッペン、レッドブルにさらなるマシンアップデートを要求。空力テスト制限の影響強まるも「それは仕方ないこと」
motorsport.com 日本版
WECサンパウロに向け性能調整が大幅変更。フェラーリ499Pは17kg増でトヨタと同重量に
WECサンパウロに向け性能調整が大幅変更。フェラーリ499Pは17kg増でトヨタと同重量に
AUTOSPORT web
プジョー9X8、信頼性からパフォーマンス向上に開発をスイッチ「今季はまだ4レースある」
プジョー9X8、信頼性からパフォーマンス向上に開発をスイッチ「今季はまだ4レースある」
motorsport.com 日本版
ハースF1、トヨタと交渉へ……TGR-Eが持つ風洞やシミュレータの活用が焦点に。なおフェラーリ&ダラーラとの関係は継続
ハースF1、トヨタと交渉へ……TGR-Eが持つ風洞やシミュレータの活用が焦点に。なおフェラーリ&ダラーラとの関係は継続
motorsport.com 日本版
メルセデス、躍進の秘訣は化粧パネルの下にアリ? 「突然データが意味をなすようになった」のは足回り変更のおかげか
メルセデス、躍進の秘訣は化粧パネルの下にアリ? 「突然データが意味をなすようになった」のは足回り変更のおかげか
motorsport.com 日本版
アップデート不発気味のRB、今が正念場? リカルド「シーズンの今後を大きく左右する重要な時期だ」
アップデート不発気味のRB、今が正念場? リカルド「シーズンの今後を大きく左右する重要な時期だ」
motorsport.com 日本版
フェルナンド・アロンソ、ハンガリーGP投入予定のアップデートに期待「昨年はマクラーレン、今年はメルセデスが飛躍したのを見たからね」
フェルナンド・アロンソ、ハンガリーGP投入予定のアップデートに期待「昨年はマクラーレン、今年はメルセデスが飛躍したのを見たからね」
motorsport.com 日本版
耐久レース挑戦が噂されるヒョンデ、実現した場合WRCはどうする? 撤退か参戦継続か……チーム事情から考える
耐久レース挑戦が噂されるヒョンデ、実現した場合WRCはどうする? 撤退か参戦継続か……チーム事情から考える
motorsport.com 日本版
圧倒的な強さ”だったはず”のレッドブル、そのアドバンテージは消えてしまったのか?
圧倒的な強さ”だったはず”のレッドブル、そのアドバンテージは消えてしまったのか?
motorsport.com 日本版
フェラーリ、ベテランF1テクニカルディレクターが正式離脱。体制強化進めるアストンマーティン移籍へ
フェラーリ、ベテランF1テクニカルディレクターが正式離脱。体制強化進めるアストンマーティン移籍へ
motorsport.com 日本版
インディカー新時代最初の一歩は大成功? ハイブリッド化で追い抜き増えず、トラブル発生も「これから良くなる」
インディカー新時代最初の一歩は大成功? ハイブリッド化で追い抜き増えず、トラブル発生も「これから良くなる」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

2件
  • 熊本温泉55℃
    単純に複雑怪奇な熱回生システム(MGU-H)が搭載されなく成るのでその分だけの軽量化を意味しているのだろうか?
    アロンソの言葉通り、今のF-1マシンなら30kg減量はハードルが高過ぎでしょう。
    EVの領域に踏み込むのでは無くて、NAエンジンに戻し、V8やV10辺りにする事でF-1本来の音響、サウンドの迫力増しと改善するべきです。
    電気の利用率を上げて50%にする意味は何だ?

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村