サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【配車サービスに特化】ウーバー向けにEV開発 英スタートアップ 排出量削減目指す

ここから本文です

乗用車部門への足がかり

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】新参者にして先駆者【EV特化ブランド/メーカー5選】 全120枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ロンドンを拠点とするEVのスタートアップ企業アライバル(Arrival)は、配車サービスやデリバリーなどを手がけるウーバーと提携し、「配車サービスのドライバー向けに、手頃な価格で目的に応じたEV」を開発すると発表した。

2023年の第3四半期に生産を開始する予定の「アライバル・カー」は、ウーバーのドライバーと協力して設計され、「ドライバーの快適性、安全性、利便性」を優先したものとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ