サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガソリンエンジンの前輪駆動、ハイブリッドに試乗!トヨタの新型「ハリヤー」に欲しかった、4代目ならではの個性と独自の存在感

ここから本文です

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 1997年にデビューしたトヨタ「ハリアー」の4代目が発表された。なだらかに傾斜するテールゲートを持った背の高いシルエットは、初代のイメージから変わらない。4代目では、ボディーサイドのキャラクターラインの抑揚が強く、併せてトランクとバンパーの間の凹んだ造形が眼を惹く。それに合わせた薄いテールライトユニットや切れ上がったリアクォーターウインドなども新鮮味を打ち出している。

室内の広さと立派に見える大きなボディーにファン多数!フルモデルチェンジも期待される高級ミニバン「アルファード」「エルグランド」

 パワートレインと駆動系の組み合わせによる違いは4種類ある。2.0L、4気筒ガソリンエンジンを搭載する前輪駆動版と4輪駆動版。

おすすめのニュース

サイトトップへ