サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 思わず食べたくなる!? 日産が新型「アイス」披露! どんな特徴のクルマ?

ここから本文です

思わず食べたくなる!? 日産が新型「アイス」披露! どんな特徴のクルマ?

■日産の最新「アイスクリーム移動販売車」の特徴とは?

 日産は、2020年1月7日から10日にかけてアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級の技術見本市「CES2020」で、新型タイプとなる「アイスクリーム移動販売車」を出展します。日産が製作したアイスクリーム移動販売車は、従来の移動販売車とどう違うのでしょうか。

アウトドア、車中泊から災害対策まで 移動だけじゃないクルマの使い方とは

 日産が今回CES2020で展示するアイスクリーム移動販売車は、ゼロ・エミッションのパワートレイン、再利用可能バッテリー、太陽光による再生可能エネルギーの生成を組み合わせたコンセプトカーとなっています。

 ベースとなったのは、日本市場でもかつて販売されていた小型商用車タイプの電気自動車「e-NV200」です。ボディサイズは全長4560mm×全幅1755mm×全高1850mmから1855mm(日本仕様のベース車)。

 走行用モーターは40kWhのバッテリーで駆動しますが、アイスクリーム移動販売車に搭載される設備は、日産の第一世代の電気自動車(初代「リーフ」)から回収されたリチウムイオンバッテリーを再利用した、ポータブル蓄電バッテリーから給電しています。

 日産でグローバルデザイン担当の専務執行役員であるアルフォンソ・アルバイサ氏は、次のようにコメントします。

「我々がお客様に届けたいと考えているものは、日本のおもてなしの心です。それは今回、日産ブースに来場するお客様に対しても同じです。

 未来を感じさせる我々の最新車両や技術を通して感じるおもてなしの心やワクワク感、日本の匠の技をブースでも体感いただけるよう、心がけました」

 会場では実際に冷たいアイスクリームが提供される予定となっています。

 また、CES2020の日産ブースでは、2019年10月の東京モーターショー2019で世界初公開された日産「アリア コンセプト」が北米初公開されるほか、「フォーミュラE レースカー」や日産「リーフe+」の展示もおこなわれます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します