サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 快挙!ADVANレーシングタイヤ装着車が「第100回パイクスピーク」で総合優勝!

ここから本文です

快挙!ADVANレーシングタイヤ装着車が「第100回パイクスピーク」で総合優勝!

初供給のバイオマス由来タイヤも大活躍

横浜ゴムのADVANレーシングタイヤ装着車が、6月26日に米国・コロラド州で開催された「第100回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にて総合優勝した。ヨコハマタイヤ装着車が総合優勝するのは2020年以来2年ぶりとのこと。今回総合優勝したのは、アンリミテッドクラスに出場したRobin Shute(ロビン・シュート)選手が駆る「2018 Wolf TSC-FS」で、10分9秒525を記録した。
シュート選手は予選において、同社が「全日本スーパーフォーミュラ選手権」で供給している「ADVAN A005(ドライ用)」を装着し、内燃機関車でのコースレコードを更新。所々、濃霧により視界が悪くウェットコンディションとなった決勝では、同選手権に供給している「ADVAN A006(ウェット用)」を装着、力強い走りにより総合優勝を果たした。ADVANレーシングタイヤ装着車はそのほかにも、オープンホイールクラスでCodie Vahsholtz選手の「2013 Ford Open」が、タイムアタック1クラスでDavid Donohue選手の「2019 Porsche GT2 RS Clubsport」が、それぞれクラス優勝。今年初供給となったバイオマス由来のブタジエンゴムを採用した「ADVAN A052」を装着、エキシビションクラスに参戦したBlake Fuller選手の「2021 Tesla Model S Plaid」はクラス6位で完走を果たした(写真上)。また、「ADVAN A052」のワンメイクで競われる「ポルシェ パイクスピークトロフィー by Yokohama」クラスでは、Cam Ingram選手がクラストップでフィニッシュしている。
なお、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」は1916年から開催されている、伝統あるヒルクライムレース。標高2,862mのスタート地点から標高4,300m にあるゴールまでの約20kmのコースにて競われる。ヨコハマタイヤ装着車は2020年総合優勝に加え、2021年に2部門でクラス優勝した。今年は全エントリー72台中23台がヨコハマタイヤを装着していたとのこと。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら