サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル レガシィ アウトバックの内装は上質でありながらアウトドアでも使いやすい! 2つのグレードの違いを紹介

ここから本文です

スバルは2021年10月7日(木)、新型「レガシィ アウトバック」(日本仕様)を発表した。トピックスとしては高度運転支援システム「アイサイトX」が全車に標準装備されたことが挙げられるが、今回はフラッグシップらしい上質な内装にフォーカスして紹介したい。

室内は広々として使いやすくゆったりと過ごせる

この記事の画像ギャラリーを見る(全35枚)

新型レガシィ アウトバックの室内サイズは室内長1840mm×室内幅1545mm×室内高1245mm。

前席は大人が2人がゆったりと座れるスペースを確保。後席は頭上や足元にもゆとりがあり、6:4分割でリクライニング機能も用意した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン