サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則239】メルセデス新時代を告げる、CLS、Rクラス、2代目Mクラスは意欲作だった

ここから本文です
2005年に登場したCLSは、メルセデス・ベンツの可能性を大きく広げることになった1台と言えるだろう。デザイン優先のパッケージングやクイックなステアリングを取り入れたCLSの成功は、メルセデスのクルマ作りに多大な影響をもたらした。そしてこの流れは、Rクラス、2代目Mクラスでひとつの大きな道筋になったように思える。この新しい流れは当時どのように評価されていたのか。ここでは、CLS350/ML350/R350の3台の比較試乗を振り返ってみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ