サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ密着:ペナルティで失った順位をわずか5周で取り戻すも優勝には届かず。2位で選手権首位を維持

ここから本文です

 2021年F1第20戦カタールGP日曜日のレッドブル・ホンダの戦いは、フォーメーションラップのスタートが切られる午後5時の4時間以上も前から始まっていた。

 それは土曜日の予選の最後のアタックで、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が縁石でフロントウイングを壊し、タイヤがバーストしてスロー走行した際に出されたダブルイエローフラッグを無視したのではないかということで、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が日曜日の午後1時にスチュワードに召喚されていたからだ。

レッドブル代表「メルセデスまであと5点。今日は重要な一日になった」マーシャルへの謝罪も/F1第20戦決勝

 午後1時23分にスチュワードがいるコントロールタワーから出てきたフェルスタッペン。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン