サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハース、ウイリアムズ、ルノー……バルセロナで続々と新車のシェイクダウン実施

ここから本文です

ハース、ウイリアムズ、ルノー……バルセロナで続々と新車のシェイクダウン実施

ハース、ウイリアムズ、ルノー……バルセロナで続々と新車のシェイクダウン実施

 ウイリアムズ、ハース、およびルノーは、2月19日(水)からスタートするF1プレシーズンテストを前に、2020年シーズンを戦う新車をバルセロナのカタルニア・サーキットでそれぞれシェイクダウンした。

 2月17日に新車『FW43』のレンダリング画像を公開したウイリアムズは、その後すぐに新車のシェイクダウンを行なった。2019年は新車の準備がプレシーズンテスト開幕に間に合わなかったことを考えると対照的だ。

■若手コンビで浮上のきっかけ掴む! ウイリアムズ、2020年マシン『FW43』発表

 まずはジョージ・ラッセルがステアリングを握った後、ルーキーのニコラス・ラティフィもドライブを担当したようだ。

 各チームは年間2回、PR動画の撮影を目的とするフィルミングデーでの走行が許可されており、ほとんどのチームがそのうち一回をシェイクダウンに利用している。

 同日、バルセロナではハースとルノーもシェイクダウンを実施した。ハースは2月6日に新車『VF-20』の画像を公開していたが、ルノーは『R.S.20』の画像をほんの一部しか明らかにしていなかった。

 ハースはチームの公式ツイッターにシェイクダウンの模様を動画で公開。一方、ルノーはモノクロ写真のみの公開と、頑なに新車の詳細を隠している。

 これまで、メルセデスとレッドブルはシルバーストン・サーキットでシェイクダウンを完了済みだ。アルファロメオはフィオラノで、アルファタウリはミサノで初走行を終え、マクラーレンも16日(日)にバルセロナでシェイクダウンを終えている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します