サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ トリシティ300 などが国際的なデザイン賞を受賞…iFデザインとレッドドット

ここから本文です

ヤマハ発動機は4月14日、産業用ロボット(搬送システムのリニアコンベアモジュール)『LCMR200』と、フロント二輪コミューター『トリシティ300』が、世界的デザイン賞である「iFデザインアワード」と「レッドドットアワード:プロダクトデザイン2021」を受賞したと発表した。

ヤマハ発動機製品のiFデザインアワードの受賞は8年連続、レッドドット・アワードの受賞は10年連続。また両賞ともに、同社の産業用ロボットが受賞するのは初となる。

LCMR200は、高速で高精度な動きを実現するリニアモータとワークを載せて搬送するスライダからなる、モジュラー構造のリニアコンベア。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン