サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲンT-Rocのガソリンエンジンモデルが日本デビュー

ここから本文です

フォルクスワーゲンT-Rocのガソリンエンジンモデルが日本デビュー

フォルクスワーゲンがクロスオーバーSUVのT-Rocに1.5TSIエンジン搭載車を設定。グレードはTSIスタイルとTSIスタイル・デザインパッケージを用意

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2021年5月13日、クロスオーバーSUVの「T-Roc(ティーロック)」にガソリンエンジン搭載車を設定し、同日より発売した。

内外装のデザイン変更やパワーユニットの換装を果たしたフォルクスワーゲン・ティグアンが日本で発売

車種展開は以下の通り。
TSIスタイル:355万円
TSIスタイル・デザインパッケージ:376万円

 新設定のガソリンエンジンは、最新世代1.5TSIの1497cc直列4気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボユニット。最高出力は150ps/5000~6000rpm、最大トルクは250Nm/1500~3500rpmを発生し、低負荷時には4気筒から2気筒に切り替わるアクティブシリンダーマネージメント(ACT)を内蔵する。トランスミッションには7速DSGを組み合わせ、WLTCモード燃費は15.7km/リットルを実現した。

 エクステリアに関しては既存のTDIモデルと基本的に共通で、ダイナミックかつ都会的なSUVスタイルを採用する。ボディカラーはTSIスタイルがディープブラックパールエフェクト/ピュアホワイト/フラッシュレッドの3色、TSIスタイル・デザインパッケージがディープブラックパールエフェクト/ピュアホワイト/フラッシュレッド/ターメリックイエローメタリック/ラヴェンナブルーメタリックの5色を設定し、ラヴェンナブルーメタリックを選択した際はルーフカラーがホワイトとなり、インテリアもブルーの同系色でアレンジした。
 安全運転支援システムも既存のTDIモデルを踏襲し、アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)やプリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)、レーンキープアシストシステム“Lane Assist”、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ)、デイタイムランニングライト、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”などを標準で装備。また、機能面ではデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”や純正インフォテイメントシステム“Ready 2 Discover”、モバイルオンラインサービス“We Connect”および“We Connect Plus”などを標準で採用した。

 なお、既存のTDIスタイル/TDIスタイル・デザインパッケージの純正インフォテイメントシステムも“Ready 2 Discover”に変更。また、TDIスポーツ/TDI Rラインには新たに電動パノラマスライディングルーフをオプションで用意した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します