サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「レスポンス重視でR35GT-Rを鍛え上げる!」仕様変更を重ねて辿り着いた4.1L仕様の圧倒的戦闘力

ここから本文です

あらゆる仕様を試して行き着いた珠玉の4.1Lフルチューン!

中間トルク重視のセットアップで劇的なタイムアップを実現

「750万円のEK9シビックを徹底チェック!」スプーンがガチで仕上げたコンプリートの全て

フェニックスパワーのR35GT-Rにわずかコンマ1秒届かなかったものの、RH9主催の鈴鹿サーキット走行会を大いに盛り上げてくれたウイングタケオのGT-R。熟成を重ねてきたデモカーで記録したのは、自己ベストを大幅に更新する2分4秒309だ。

タイムアップの要因は、第一に低中速トルクの向上である。排気量を4.0Lから4.1Lに拡大した上で、タービンをTD06SH-25GからTD06SH-20RXへと敢えてサイズダウン。

おすすめのニュース

サイトトップへ