サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドイツ製ミニバンらしさとは? フォルクスワーゲン シャランTDI試乗記

ここから本文です
♪寂しい夜はごはんだ、寂しい夜はつまみがない、寂しい夜は歯が痛い。寂しい夜は暗い暗い暗い~は、シャ乱Qの曲(『いいわけ』)であるけれど、今回試乗したのは“シャ乱Q”ではなく“シャラン2”だった。シャランにもゴルフ同様、TDI搭載モデルが2019年10月1日にくわわった。

2代目シャランは2010年に発表され、日本市場には翌2011年2月に上陸している。2015年のマイナーチェンジを受けて、1.4リッターTSIエンジンは10Nmのトルクアップと、プリクラッシュブレーキシステムなど安全装備の充実が図られているものの、基本構成は変わっていない。