サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、コロナ禍や半導体不足影響も3期ぶりの増益確保 2021年3月期決算

ここから本文です
ホンダは5月12日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。コロナ禍の逆風下、3期ぶりの増益を確保した。

売上高は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、全ての事業における減収により、前年同期比11.8%減の13兆1705億円となった。営業利益は売上変動および構成差に伴う利益減はあったものの、販売費および一般管理費の抑制やコストダウン効果などにより、同4.2%増の6602億円。税引前利益は同15.7%増の9140億円、当期利益は同44.3%増の6574億円となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン