サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 走りに注目が集まる前輪駆動化された1シリーズ、その味は?

ここから本文です

変革期を迎えたBMWのエントリーモデル

BMWが自社最小の乗用車ラインナップに大きな舵を切った。2004年に初代を世に出し、2011年に新シリーズにフェイスリフトしたものの、基本設計を初代からキープしたまま今年まで販売し続けてきたRWD=後輪駆動ハッチバックの1シリーズをフルモデルチェンジして、ついにFWD=前輪駆動へと大変更したのだ。

復活した伝説のカタナは現代に何をもたらすのか?

BMW 118i Play|BMW 118i Play

2004年に初代が登場した1シリーズ。2011年に2代目へと進化し、今年3世代目に。他車種同様ボディサイズは拡大されているが、全長はほぼ同じサイズとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ