サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱が新型軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」と「eKスペース」を3月19日に発売

ここから本文です

三菱が新型軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」と「eKスペース」を3月19日に発売

2020年2月6日、三菱自動車(以下、三菱)は「eKスペース」を約6年ぶりにフルモデルチェンジし、SUVテイストの「eKクロス スペース」を新たに設定して、3月19日(木)から発売すると発表した。(タイトル写真奥がeKスペース、手前がeKクロス スペース)

軽スーパーハイトワゴンの市場は、ますます活性化しそう
三菱の軽スーパーハイトワゴン、eKスペースの現行型は2013年の東京モーターショーに参考出品され、翌2014年に発売された。2代目となる今回のモデルは、2019年の東京モーターショーでeKクロス スペース(車名は未発表)が、そして2020年の東京オートサロンではeKスペースも参考出品されていたので、目にした読者諸氏も多いだろう。

【くるま問答】アイドリングストップ機能はよいことばかりではない。OFFスイッチはいつ使う?

エクステリアでは、eKクロス スペースは三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、SUVらしい力強さと安定感を表現したフロントフェースが特徴的。彫刻的で立体感のあるキャラクターラインで前後に突き抜ける勢いのある骨格の強さも表現している。フローティングルーフやリアで上部に切れ上がるDピラーの採用でガラスエリアを薄いイメージとし、張りがある厚いボディとのコントラストが、キビキビとした走りを想起させる。サイドシルガーニッシュやホイールアーチはブラックに、前後バンパー下部のスキッドプレート形状部はシルバーとして、SUVらしさを強調している。

eKスペースのエクステリアは、ボディ同色のグリルで親しみやすい表情として、しっかりとていねいに作りこまれた品質の高さを表現。ターボ車はブラックグリルで力強さとスポーティさを演出している。ヘッドライトからボディサイドへのキャラクターラインで、一体感があり伸びやかでスタイリッシュなデザインとしている。

インテリアは、水平基調のすっきりした形状で前方視界の良さと開放感を確保している。タッチパネル式オートエアコン、マルチインフォメーションディスプレイなども装備し、収納スペースも多い機能的なデザインだ。インテリアカラーは、eKクロス スペースはブラック基調でシート生地にはキルティングパターンを採用。eKスペースではライトウォームグレーを基調として、いつでもリラックスして過ごせる空間を追求している。

従来型よりホイールベースを65mm延長して室内空間を広げ、またリアシートのスライド量をクラストップの約320mmとして、後席の居住性を最大化させている。メーカーオプションで前席セパレートシートも設定。ラゲッジスペースも従来型より拡大され、リアシートを最前端にセットすれば48Lのスーツケースを4つ積載可能だ。

パワーユニットは、ハイブリッドを採用した自然吸気とターボの2種のエンジンを設定。ミッションはCVTで、ターボ車にはパドルシフトも採用している。ステアリングの操舵力とショックアブソーバーの減衰力を最適化して、低速時はキビキビと軽快な、高速時はしっかりと安定したハンドリング性能も実現している。また、日本国内では三菱車初のヒルディセントコントロールも搭載(eKクロス スペースのみ)し、急な下り坂や滑りやすい路面を下る際に車速を抑えて走行できる。

高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」はミリ波レーダーを追加して性能を向上したものを設定。予防安全技術「e-アシスト」には前方衝突予測警報やふらつき警報など新たな4つの新機能を加えて標準装備。アダプティブLEDライトもメーカーオプション設定している。

車両価格(税込)は、以下のとおりだ。

eKクロス スペース M(2WD/4WD):165万5500円/178万7500円
eKクロス スペース G(2WD/4WD):177万1000円/190万3000円
eKクロス スペース T(2WD/4WD):185万9000円/199万1000円
eKスペース M(2WD/4WD):139万9200円/153万1200円
eKスペース G(2WD/4WD):154万2200円/167万4200円
eKスペース T(2WD/4WD):163万5700円/176万7700円

eKクロス スペース、eKスペースとも、M/Gグレードは自然吸気、Tはターボエンジンで、どちらもハイブリッド。ミッションは、いずれもCVTのみ。

軽スーパーハイトワゴンの市場では、相変わらずホンダ N-BOXが強いが、スズキ スペーシアやダイハツ タントも急追している。eKスペースと共同開発されている日産 デイズルークスも間もなくフルモデルチェンジされる(車名が変更されるという噂もある)し、ますます活性化していきそうだ。

三菱 eKクロス スペースT 主要諸元
●全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm
●ホイールベース:2495mm
●重量:970kg
●エンジン種類:直3 DOHCターボ+モーター
●排気量:659cc
●エンジン最高出力:47kW<64ps>/4000rpm
●エンジン最大トルク:100Nm<10.2kgm>/2400-4000rpm
●モーター最高出力:2.0kW<2.7ps>/1200rpm
●モーター最大トルク:40Nm<4.1kgm>/100rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●JC08モード燃費:23.8km/L
●タイヤサイズ:165/55R15
●税込価格:185万9000円

[ アルバム : 三菱 eKクロス スペース/eKスペース はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します