サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル、メルセデスからエンジン開発スタッフをさらに5人”引き抜き”「我々の目標達成へ向けた強い決意の表れ」

ここから本文です
 レッドブルは、ホンダのパワーユニット(PU)を引き継ぎ、来季から”レッドブル・パワートレインズ(RBP)”で自社製PUを開発・製造することになっている。そのテクニカルディレクターには、メルセデスでメカニカル・エンジニアリング部門の責任者を務めてきたベン・ホジキンソンが就くことになっているが、さらに複数のメルセデスのスタッフが、RBPに加入することになった。

 メルセデスの製造責任者であるスティーブ・ブルーエットは、RBPでプロダクション・ディレクターに就任する予定。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン