サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元マクラーレン代表のウィットマーシュがアストンマーチンに加入「F1チャンピオン獲得のための新たなステップ」

ここから本文です
 1984年から2014年までマクラーレンに在籍し、F1チームのCEOやチーム代表を務めたマーティン・ウィットマーシュが、アストンマーチンの新しいパフォーマンス・テクノロジー部門のリーダーとして、F1に戻ってくることが発表された。

 ウィットマーシュはF1を去った後、技術系スタートアップ企業であるBAR Technologies社の会長や、Offshore Wind Growth Partnership社で同様の役割を果たすなど、様々なプロジェクトに携わっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ