サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディカー合同テスト:総合力を見せるライバル勢に琢磨擁するレイホール・レターマン・ラニガンは一歩出遅れ

ここから本文です

 2月11、12日の2日間、テキサス州オースティンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)でNTTインディカー・シリーズの合同テストが行われた。

 しかし、その1日目は底気温と雨でほぼ走行はできず。2日目の走行時間を延長することもトライされたが、雨が残ったことで、存分に走行が行えるようになったのは午後になってからだった。

エアロ―スクリーン導入で車両がイメージチェンジ/インディカー・シリーズCOTA合同テスト参加車両総覧

 新しい安全装備であるエアロスクリーンを全車が装着して初めて行われるテストは、トータル12時間の走行時間がエントラントに与えられるはずだったが、6時間以下と大幅に短縮された。

おすすめのニュース

サイトトップへ